5月16日(日)~6月13日(日)4週間のMOH発表コロナ対策強化まとめ(飲食店での飲食不可等)

virus

COVID-19の感染増加を受け、シンガポール政府は先日5月8日に発表された、対策強化措置よりさらに厳しい対策措置を取る事を発表。 期間:2021年5月16日(日)から2021年6月13日(日)まで有効

■主なポイント

コロナ感染者数の増加の警戒から、MOHは主に下記の5月16日(日)~6月13日(日)の間の禁止を決定。

ー飲食店での飲食の禁止

(持ち帰り・デリバリーは可能)

ー公共の場での集まりは2名まで

ーオフィス勤務は自宅からの勤務に基本切り替え

ー自宅への訪問者は1日最大2回、各回2名まで(家族内で、孫ベビーシッターをしている場合はこの限りではない。 例】祖父母が孫を預かる)

ーサウナ、フェイシャル、ボイストレーニング等マスクができないサービスの禁止

ーモール、アトラクションの許容人数は現在の50%から25%に変更

【情報元】

https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/updates-on-local-situation-and-heightened-alert-to-minimise-transmission-14May

以下、上記MOHの6~15に対しての対訳。

A)許容されるグループサイズのさらなる削減

6.現在の最大許容グループサイズを最大5人から最大2人にさらに減らし、 1世帯あたり1日あたり5人の個別の訪問者の上限を1日あたり1世帯あたり2人の個別の訪問者に制限します。 個人は、他の世帯であろうと、公共の場所での友人や家族との会合であろうと、懇親会の総数を1日あたり 2回以下に制限し続ける必要があります。

7.例外)祖父母が毎日世話をしている孫は、世帯あたり2人の個別の訪問者の上限、または1日あたりの懇親会の数にはカウントされません。ただし、祖父母は、自分自身と孫の両方をCOVID-19感染から保護するために、COVID-19のワクチン接種を受けることを強くお勧めします。感染のリスクを減らすために、祖父母はまた、異なる世帯の孫の間の混ざり合いを最小限に抑える必要があります。

B)職場の相互作用を最小限に抑える

8.在宅勤務が職場のデフォルトになります。雇用主は、在宅勤務が可能な従業員がそうすることを保証する必要があります。複数の作業現場への労働者の相互配置は引き続き存在しないはずです。雇用主は、職場に戻り、柔軟な労働時間を実施する必要がある従業員の開始時間をずらし続ける必要があります。職場での懇親会は禁止されます。従業員は職場で食事の休憩をとることがありますが、マスクを外すときに同僚と混ざり合うことは控えてください。これらの対策は、職場またはその近くの共有スペース、および公共交通機関を含む公共の場所での全体的な足場と相互作用を減らすことにより、感染リスクを低減します。

C)屋内の「マスクオフ」活動の停止

9.最近のクラスターは、より高い発病率と二次感染がマスクオフ設定、家庭、および飲食店で発生することを示しています。 地域感染のリスクを減らすために、食事のF&B施設などの屋内の「マスクオフ」活動はこの期間中に中止されます。 この期間中にも許可されないその他の活動には、激しい屋内運動クラスまたは激しい個人およびグループの屋内スポーツ および運動活動が含まれます。さらに、マスクの取り外しが必要な個別のサービス(フェイシャルやサウナなど)、歌、意図的な空気の排出が必要な楽器(管楽器や金管楽器など)の演奏も許可されません。これらの制限は、患者がマスクを外す必要がある医療および歯科の診察には適用されません。詳細については、次の段落および付録Aを参照してください。

10.飲食物(F&B)の中止。食事をするF&B施設は、顧客がマスクを外した状態で互いに近接して長期間食事をすることが多いため、 リスクの高い環境です。地域での感染のリスクを減らすために、屋内と屋外の両方で食事をするF&B施設(ホーカーセンターとフードコートを含む) は、持ち帰りと配達のオプションしか提供できません。

11.アクティビティとイベントのサイズおよびイベント前のテスト要件の削減。大規模なクラスター形成の可能性を最小限に抑えるために、 イベントサイズをさらに縮小し、イベントサイズの上限を下げます。イベント前テスト(PET)は、参加者がイベントを安全に進行できるように するための重要な手段です。 PETの詳細については、MOHのWebサイトを参照してください。

a)会衆およびその他の礼拝。会衆およびその他の礼拝は、PETなしで一度に50人の参加者、またはPETが実装されている場合は一度に最大100人の参加者の定員を減らして継続することができます。エアロゾルの伝播による拡散のリスクをさらに軽減するために、宗教労働者と他のすべての参加者は常にマスクを着用する必要があります。この期間中、管楽器の生演奏や演奏も中断されます。

b)ショッピングモールやショールーム。ショッピングモールやショールームの占有制限は、現在の総床面積(GFA)の1人あたり10平方メートルから、1人あたり16平方メートルにさらに引き下げられます。人気のあるモールでは、日曜日の奇数および偶数の入場制限が継続されます。

c)アトラクションとショー。 MTIの事前承認を受けたアトラクションの運営能力は、現在の許容能力である50%から25%に減少します。屋内および屋外のショーは、PETを使用する場合は最大100人、PETを使用しない場合は最大50人で進行できます。

d)美術館や公共図書館。美術館や公共図書館は、25%の削減容量で運営することが許可されます。

e)映画館。 PETを実装した映画館には最大100人が入場できます。 PETがない場合、50人までしか許可されません。一般的なグループサイズの2人が適用され、映画館で飲食物を販売または消費することはできません。

f) MICEとライブパフォーマンス。 PETを使用できる場合は最大100人、PETを使用しない場合は最大50人まで許可されます。スピーカーや演奏者はマスキングを解除できません。また、意図的に空気を抜く必要のある楽器(管楽器や金管楽器など)を歌ったり演奏したりしないでください。

g)結婚披露宴と厳粛化。

-食事をするF&B施設の措置に従い、結婚披露宴は許可されません。

-結婚の厳粛化は、PETを使用する場合は最大100人、PETを使用しない場合は最大50人まで継続できます。

h) 葬儀。葬儀・火葬を含む葬儀の全日を対象とした参加者の上限は、現在の30人から20人以下になっています。参加者は、安全な距離を保ち、感染のリスクを減らすために常にマスクを着用するように注意してください。

対象を絞った支援策 A)F&B企業に対する強化されたジョブサポートスキーム(JSS)のサポート

12. F&B施設での食事の中止を考慮して、政府は、食事が禁止されている期間中に地元の従業員に支払われる月給総額の最初の4,600ドルの50%にJSSサポート率を引き上げます。

これは、2021年6月までに支払われた賃金に対する10%のサポートからの増加です。

B)政府所有の施設にあるホーカーセンターとコーヒーショップの1か月のレンタル救済

13.自営業であり、JSSの恩恵を受けていない行商人および喫茶店の屋台を支援するために、政府は、政府機関の行商人の屋台および喫茶店のテナントに1か月の賃貸免除を提供します。

商業地主は、この期間を通じてF&Bテナントを支援することが求められます。 フェイスシールドの使用

14.研究によると、フェイスシールドは着用者を飛沫感染から保護する上でマスクの代わりにはなりません。さらに重要なことに、着用者が感染した場合、フェイスシールドは飛沫の拡散を適切に防止しません。したがって、医療上の例外を除いて、フェイスシールドをマスク着用の代わりに使用しないでください。または子供が12歳以下の場合。または彼らの結婚の厳粛化の間の夫婦のために。 テスト戦略の拡大。

15.上記の対策は、コミュニティの広がりを管理するために過去1年間に構築したテスト、コンタクトトレーシング、およびワクチン接種機能によって引き続き補完されます。特に、テストは、ウイルスにさらされた個人をすばやく特定し、さらに広がる可能性を減らすための重要な防御ツールの1つです。 COVID-19への曝露のリスクが高いグループなどの対象グループの積極的な監視と定期的なテスト、およびCOVID-19ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)テストによる急性呼吸器感染症(ARI)と診断されたグループのテストにより、迅速な検出が可能になりましたコミュニティ内のリンクされていないケースの。可能性のある症例を迅速に検出するために、スワブアンドセンドホーム(SASH)公衆衛生準備クリニック(PHPC)、ポリクリニック、救急科、地域スワブでARI症状を呈するすべての人を対象とした抗原迅速検査(ART)も開始します。センター(RSC)。このARTは、そのようなすべての患者がすでに受けているPCR検査と一緒に行われます。 ARTテストとPCRテストはどちらも、ARI症状のあるすべての個人に対して政府から資金提供を受けます。 ARTはPCRテストよりも精度が低く、偽陽性と偽陰性が多くなりますが、PCRテスト1と比較してARTの所要時間が短いため、ARTで陽性と判定された人の公衆衛生対策をより迅速に行うことができます。

注)翻訳は大意であり、Alchemist Pte Ltd は翻訳の誤りに対しては責任を負いません。

情報の確かな収集にはMOHにご確認をお願いいたします。

また更なる調査、現地調査に関してはお仕事のご依頼を下記メールにてお願いいたします。

mailto:info@alchemist.sg

www.alchemist.sg

Leave a Comment

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です